晴天で夏日!でも昼前から強風!さてどこ走ろうか?

この週末は暑くなる予報。ショップのグループライドで知り合ってライドのお仲間となったWさんと相談し、せっかくの晴天だしどこかへ繰り出そうということに。はじめましての方もまた来てくれた方もようこそ!けちろうです♪

暑いのは承知…冬用ジャージでGO!

天気予報によると、この日の最高気温は25度を超える夏日とのこと。それなら、半袖短パンかなーと思ったが、足の毛処理をしていないことに気づき、下は長ジャージ。上だけ半袖でもよかったのだが、先日wiggleで購入した冬用の長袖ジャージをあと1回は着たいなぁということで、絶対暑くなることは承知の上でしゅっぱーつ!でも、朝の気温はけっこう低くて、実は長袖でちょうどよいくらいでした。

結果としては、25度くらいであれば全く問題なかったです。走行中は当然汗をたくさんかくのですが、ジャージの前ファスナーを上げ下げすることで適宜風を取り込めば、冬用ジャージでも汗でびっしょりとはなりませんでした。ウエア自体の機能でドライに保っていた部分もあったと思います。なお、ジャージの下にはパールイズミのノースリーブアンダーウェアを1枚着ておりました。これの性能がかなりよいことも寄与したのでしょう。

午前中帰宅を想定し、短いコースに詰め込んでみました

先日ロードバイクの3カ月点検を終えた、初心者ローディーのWさん。といっても、すでに100キロ以上のライドを何度か(単独含め)こなされているので、初心者同士、これからもっといろんなところへ足のを伸ばせるのではと、密かに期待しちゃってます。

今日の走行ルートはこちらでした!

→今日のライドRelive

ルート設定のポイントは、

  • 天気予報で、11時台以降は強風の予報なので午前中に帰宅。
  • その分、出発は早く。
  • 朝食を兼ねて、大好きなパン・パティへWさんをご案内。
  • 海方面よりも風の影響が少ない山方面で。
  • 時間が短い分、ちょっとだけ強度がほしいので湖を2つ。
  • もう1つ湖を加えたいところだが(相模湖か宮ヶ瀬湖)、それは次回に。

これでのんびりサイクリング、と相成りました♪

しろやまこを眺めながら…趣味のおっさん’sトーク

最初のポイント、パン・パティ こむぎのおはなしへ到着!別に図ったわけではないのですが、ちょうど6時50分の営業開始時刻。先客が2名ほど並んでいて、開店直前でした。今回も、今まで食べたことのないパンを試してみましたので、別途記事にてご報告します♪

Wさんにも大変気に入っていただけたようで何よりでした。意外なところで、トイレが広くてきれいでよかったそうです。実は僕、トイレがとっても遠い(近くない)みたいで、こちらで借りたことがなく知りませんでした。

津久井湖の赤い橋を渡って、一番高いところへ登ってきました。朝食でパンを4つほどいただき、コーヒーでカフェインを注入したので、元気満々(死語w)!

津久井湖を下って、そのあとすぐに城山湖にも登ってきました。この時点ではまだ風が弱く、静かな湖面に「逆さしろやまこ」が映えていますね♪

それなりに登ってきたので、冬用ジャージの効果も相まってけっこう汗をかきました。風はそよそよから少しずつ強まってきましたが、汗を飛ばしてくれる感じでサイコーの心地よさ♪

そんなシチュエーションもあり、ここではベンチに腰を据えて、Wさんとよもやま話で時間を費やしました。お互いに、昔よくやっていた趣味の話などを披露して、自転車談義をはみ出し楽しくおしゃべりターイム!ピチパン姿のおっさん二人がおしゃべりに興じてる姿って、はたから見たらどんな感じなのかな?気にしてはいませんがねw

そろそろ降りようかというとき、駐車している数台の車の上に、巨大なアンテナやらソーラーバッテリーやら、その他不明の装置類が設置されているのを発見。無線でどこかと交信しているらしく、しきりに専門的なコードっぽいのを交えて、それっぽい口調でやり取りを繰り返していました…これは「アマチュア無線」というやつではなかろうか?全く疎いのでわかりませんが、高校時代に「アマチュア無線部」があったのを思い出しました。Wさんは興味津々で、話し掛けるタイミングを計っていましたが、そのようなスキを感じさせない雰囲気もあって、そのまま後にしました。Wさんも、先程の話によるとけっこうディープな趣味をお持ちだったようで、趣味の世界は色々あるもんだなーと、改めて感じました。

おっさんになって感じる「愉しさ」について

エンターテインメントと呼ばれる「楽しさ」が、提供者の意図に沿って「楽しまされる(変な日本語ですがw)」ものだとすると、「愉しさ」というのは、人それぞれの感じ方や受け止め方によって、個々の内面からにじみ出てくるものだと思います。休日の早朝にイソイソ支度して、わざわざ遠くまで、坂を自転車で登って疲れにやってきて。いったい何がいいの?って思う人、たくさんいますよね。

参考記事→続けること

どんなもの、どんなことに愉しさを見出すかは、その人次第であります。そこに優劣やルールや制限はないんですよね。

もちろん、現実には制限がありますけど…あくまで心の持ちようのお話でした!

ブログ村・広告タグ
けちろう は、にほんブログ村ランキングに参加しています。
もしも宜しければポチをお願いします!
ポチはいずれか一つでOKです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

このページを最後までご覧いただきありがとうございました♪

スポンサーリンク
メダカとロードバイク – レクタングル(大)




メダカとロードバイク – レクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
メダカとロードバイク – レクタングル(大)