金魚とメダカはどう違う?混泳は可能?

金魚とメダカは、ともに日本のありふれた淡水魚なので、飼育難度は高くない?…確かにそうかもしれません。しかし、一緒の水槽で飼うとなると話は別。難易度が上がる、というより、混泳はお勧めしません。

私も金魚とメダカの混泳(一緒の水槽で飼育すること)というのを、過去にやっておりました。いずれも丈夫な魚だし、その時は60cm幅の大き目な水槽で水草や隠れ家もつくってやり、何となく大丈夫だろうと思ってしばらく様子をみていたのですが…結局うまくいきませんでした。金魚×1匹に対し、メダカ×10匹くらいだったと思いますが、だんだんとメダカの数が減ってゆく結果となりました。

金魚とメダカには共通点が多いのですが、かといって同じ環境が快適とは限らないのですね。飼育するうえで、いったいどこがどのように違うのでしょうか。

金魚とメダカの違い、それがすなわちストレス要因

金魚の祖先はフナということですから、小さいうちは似ていても、大きくなると全く別物ということになります。決定的な違いは、その大きさです。金魚は20cm以上にも育ち、中には寿命が10年を超えるものもいます。一方メダカは大きくなっても4~5cmぐらいまで。長く生きても2~4年程度で、野生では1〜2年といったところでしょう。

体の大きさの違いは、そのまま食べるエサの量に比例します。金魚は大食漢なので、エサをたくさん食べ、その分水を汚します。また、酸素量もメダカより必要とするので、エアレーション装置はつけておきたい。メダカ飼育の場合、エアレーションはなくて済む、あるいは使わないほうがよいと思います。(この辺りは飼育方法・方針によって異なるかと思います)

また、金魚も稚魚のうちはよいのですが、ぐんぐん成長して、あっという間にメダカが口に入るサイズになります。こうなると、実際に金魚がメダカを食べてしまったり、食べられないとしても追い回されてたりして、絶えずメダカをストレス環境下に置くことに。ストレスが健康にとって一番の敵であることは、人間も魚も同じですよ。

もしも、どうしても金魚とメダカを混泳させる場合、金魚の種類をよく検討することです。和金と呼ばれる小赤やコメット、朱文金あたりは、フナに近い体型をしています。これはつまり、泳ぎが得意で素早く動き回れることを意味しますので、メダカとの混泳は避けたほうがよいでしょう。フナの体型から離れた金魚ほど、泳ぎが俊敏ではなくなりますが、一方で飼育難度そのものが上がります。なかなか難しいですよね~。

金魚がメダカに与えるストレス要因まとめ

結論として、金魚とメダカの混泳はうまくいかないのでやめたほうがよい、となります。金魚がメダカに与えるストレス要因をまとめますと…

  1. 体の大きさ
  2. 食べるエサの量(=水の汚れ)
  3. 摂取する酸素量
  4. 金魚はエアレーション要る、メダカはないほうがよい(あっても弱い水流)
  5. 金魚がメダカを捕食
  6. 金魚がメダカを追い回す

ぱっと思いあたるだけでも、上記のようなことが挙げられますので、別々に飼育されることをお勧めいたします。

ブログ村
けちろう は、にほんブログ村ランキングに参加しています。
もしも宜しければポチをお願いします!
ポチはいずれか一つでOKです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

このページを最後までご覧いただきありがとうございました♪

スポンサーリンク
メダカとロードバイク – レクタングル(大)




メダカとロードバイク – レクタングル(大)




フォローする

スポンサーリンク
メダカとロードバイク – レクタングル(大)