スポンサーリンク
メダカとロードバイク – ビッグバナー




5月、巣ごもりの季節

5月のブログ投稿が、月末時点で4本。昨年は12本書いていたようで、こりゃヤバいという思いでPCに向かっております。はじめましての方もまた来て...

カキツバタと豆苗

メダカ飼育とともに、僕が昔から愉しんでいるのが水生植物。ビオトープと呼べるようなものではありませんが、これからの季節、いろんな水辺の緑が...

手軽に愉しむメダカの交配~累代したメダカを紹介します

今や手軽に入手可能な楊貴妃メダカや幹之メダカといったスタンダード種を使って、改良メダカの累代飼育を愉しんでいる我が家の様子をご紹介いたします!美しく派手で見たこともない改良メダカは、その道のプロが心血注いでつくりあげるだけに当然単価がお高かったりしますからね。

メダカの産卵床の「浮き」はペットボトルキャップでもOK!

メダカの産卵床は100円ショップで材料を調達してくれば簡単に自作可能ですよね。昨シーズン使ったものが大量にあるので今季も使いまわすのですが、劣化して処分するものも出てきますので、スキマ時間に追加作成をおすすめします。今回は、「浮き」部分にペットボトルキャップを使ってみることにしました。

幹之メダカを入れたキングタライ(ミニ)の水換え

桜舞落つ春を迎え、本格的なメダカの産卵シーズを迎えます。我が家の各種メダカ容器も、遅れ馳せながら冬の間に溜まったゴミ除去やヤゴが潜んでいないかのチェックを含め、全ての水換えを行うことにしました。幹之メダカの体外光を確認しつつ、100円ショップで調達した材料によるお手製産卵床を浮かべ、いざ採卵モードへ突入です!

スポンサーリンク
メダカとロードバイク – レクタングル(大)




メダカとロードバイク – レクタングル(大)